たくまシーマックス、三豊市文化会館マリンウェーブの公式サイトです。

イベント情報

Event

まち音めぐり ワンコインロビーコンサート 3Jazz Live

開催日 2018年6月16日(土)
時刻 午後3時開演 午後2時30分開場
会場 三豊市文化会館マリンウェーブ マーガレットホール前ロビー
出演者 ●河村 英樹(テナーサックス)
●松岡 里佳(ピアノ)
●古西 ただあき(ベース)

<河村英樹プロフィール>
1969年 神戸市出身
12歳よりアルトサックスを吹き始める。
サックスを赤松二郎、飯守伸二の両氏に師事。
1992年 大阪音楽大学 器楽学科 卒業。在学中よりナニワエクスプレスのベーシスト 清水興 率いるバンドHUMAN SOULに参加し、プロデビューする。
その他 大学の同期 中村真(p)植田典子(b)らと共にジャズの演奏活動を始める。
HUMAN SOUL解散後は古谷充(as)、宮本直介(b)、唐口一之(tp)、
近秀樹(p)、高橋俊男(p)、中島教秀(b)、増原巖(b)等のバンドに参加する。
97年にはNYに渡り サックス奏者 RON BLAKE に師事し多大な影響を受ける。
2000年に上京。向井滋春(tb)、塩田のりひで(b)、福村博(tb)、大坂昌彦(ds)、増原巖(b)What's Up、
井上陽介(b)、角田健一(tb)BIG BAND、砂田知宏(p)BIG BAND、等様々なバンドにて活躍する。
2013年秋より再び拠点を関西に移す。
2014年 アメリカ SAN JOSE JAZZ FESTIVAL に橋本有津子(org)カルテットの一員で参加し、好評を得る。
近年来日したルイス ナッシュ(ds)アキラ タナ(ds)ウィル ブレイド(org)等と共演するなど幅広い活躍をみせている。

2016年なにわ芸術祭なにわジャズ大賞受賞。
現在は池田芳夫(b)DADA、高瀬龍一(tp)セクステット、大塚善章(p)クインテット、そして自己のカルテット等にて活躍中。
大阪音楽大学ジャズ科 講師も勤めている。




<松岡里佳プロフィール>
綾川町出身。大阪の相愛大学音楽部・創作演奏コースに進み、電子オルガンを学ぶ。自作自演を中心に、多ジャンルの音楽に触れる。2007年に上京。ジャズピアニストとしての第一歩を歩み始める。現場での研鑽を旨とし、多くの諸先輩から優しくも厳しい指導を受け、ライブを中心とした演奏活動を行う。2013年に帰郷。2016年、JAZZのルーツであるアメリカ「New Orleans」へ旅をする。現地ミュージシャンとSessionをし、改めてJAZZの魅力、深さを感じることになる。現在は、周辺各地、都内での演奏活動と並行し、地元で自ら立ち上げた「音楽で綾川まちおこしプロジェクト」の活動も行っている。

<古西 ただあきプロフィール>
1969年愛媛県新居浜市生まれ。
父親の影響で2才よりピアノを始め絶対音感を身につける。

20歳の時、音楽家(クラリネットプレイヤー)になることを志し、出来たばかりの瀬戸大橋を渡り上京。 同年、明治大学に入学し"Big Sounds Society Orchestra"に入部。そこで訳あってベースを始め、吉野弘志氏に師事する。大学2年時よりレギュラーとして活躍し、山野ビッグバンドコンテストにおいて2度の最優秀賞を受賞する。

卒業後プロとして活動を開始。1999年"第31回コンコードジャズフェスティバル"に出演。 ローズマリー・クルーニー、カウントベイシー楽団等と同じ舞台を踏む。 2001年には、テナーサックスのハリーアレンと国内ツアーを行う。 現在も関東地方を中心として、ライブ、映画、テレビ、ラジオ等・・精力的に展開中!
内容 綾川町在住のジャズピアニスト松岡里佳に、日本を代表するジャズプレイヤー、河村英樹(Ts.)、古西ただあき(Bs.)、両氏を加えてのスペシャルユニット!
座席 全席自由席
料金 一般:500円 学生:100円(税込)
チケット 販売無し
当日ロビーにて。
ワンコインをご用意ください。
プレイガイド